プログラムについてのアレコレや日々の気になった事を書いていきます。

プログラム@ファーム

Androidアプリ開発

【Android】複数解像度に対応した画像の読込み方法

投稿日:2017年4月8日

通常画像は『res/drawable』フォルダに入れてdpiごとに使用する画像を入れておくが、端末によっては表示サイズが正しくない場合があります。

iOSと同時にアプリ開発をしている場合、同じ画像を使う事が多々あります。
その時もまた、端末の解像度に合わせて画像のサイズ変更して画像を作成する必要があります。

これを何かいい方法で解消できないかと考えたのが今回紹介する方法です。

ご存知の方もいるかもしれませんがこの方法では、『assets』フォルダに画像を一括して入れておき、この画像を読み込む事で複数解像度での対応が可能になります。

下記の方法で対応できるかと思います。

複数解像度への対応やiOS用画像をそのまま使用するために以下の方法でBitmapを生成する

いかがでしょか?
こんな感じで画像を取り扱って開発の効率化を計っています。

参考になりそうな書籍も記載しておきます!

TECHNICAL MASTER はじめてのAndroidアプリ開発 第2版 Android Studio 2対応

新品価格
¥3,456から
(2017/4/10 11:47時点)

Androidアプリを作ろう [Android Studio 2.1対応版]

-Androidアプリ開発
-

Copyright© プログラム@ファーム , 2017 AllRights Reserved.